読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ニュース:奨学金】あんなに働いて卒業しても借金620万円

奨学金返済 ニュース記事一覧 奨学金記事

奨学金問題が俄然注目を集めている背景で6/3、NPO法人キッズドアがトークライブを開催したとのニュースが出ました。見出しはその会場で飛び出したある若者が発言した言葉の一節です。
当サイトは奨学金問題に関して是非を問うものではなくあくまでも奨学金問題を知るうえで便利なまとめを行うと言うのがスタンスである。

トークライブでの内容は記事本文を読んでいただければわかると思うがかなり胸に迫るものがあると言えます。

www.huffingtonpost.jp
今回この紙面で当サイトが気になったのはその内容もさることながら文中にあったら数字である。
このトークライブニュースによると奨学金を借りている人物で返済が3ヵ月以上遅延している人物が17万3000人、利用者の4.6%と紹介している。
この数字をどうとらえるかが奨学金問題を考える人の判断の1つになってくると思われるからです。
当サイトに寄せられるご意見を拝読していると匿名での投稿も相まってか世間一般で言われるほどに奨学金制度に対して否定的な数値は挙がっていません。

抜粋出来る意見としてこのようなものが挙げられます。


・日本では多くの貸与型奨学金は借金と同義であるからして返済すべきである
・残りの半数は制度自体に問題があり未来の日本を考えるのであれば給付型にすることが発展につながる
・借りたものは返せ、社会一般の常識を学生時代に養えるのは貴重だ
・国が借金取りになってどうする
・日本の学力が下がっていることと奨学金問題は関係があるように感じた
・なぜここまで騒がれるのかわかりません、私も奨学金を借りましたが普通に返してますし何の問題もありません
・まるで日本学生支援機構が悪の枢軸のように言われているが未回収が増えればそれは税金の未回収となるわけでやはり返さないなら取り立てられるのは国民として当たり前だ
・給付金形式もあるわけで本当にツライのであれば必死に勉強して給付金制度を勝ち取ればよい

 挙げればキリがありませんがマスコミで取り上げている内容と実際には多きなズレがあるのではないかとも思えます。どう考えるかはその人それぞれですが今後もこの問題については追いかけていきたいと思います。