読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ニュース:奨学金】口座特定、裁判所主導へ

ニュース記事一覧

本日の朝日新聞の一面を飾ったのはお金問題でした。
養育費問題や賠償金の支払いについて裁判を行い勝訴したにも関わらず
「お金がないから払えません」
という不当な理由やメイン口座を変更する事で逃げてしまったケースは多々あります。
今の法律では口座の差押えについて債権者は自分たちで抑える口座を見つけ出し申告しなければならずこの点が債務者を有利にさせていました。

つまり、自分名義の別口座にお金を移してしまうと債権者が裁判に勝訴したとしてもお金がもらえないと言う事態になってしまうのです。
養育費問題などではこの問題がしばしば論争になっています。特に外国人妻など立場の弱いと露骨な態度に出る男性なども多く要約すると、
「金がないから払いたくても払えません」
と言えば逃げられてしまうのは納得がいきません。

今回の記事ではそのような法律の抜け目をあざとく利用する人に対して勝訴=支払いをより明確にするような改正になるとの記事です。
詳しくは記事を読んでいただければわかると思いますがこれで随分と取りはぐれが少なくなるとよいなと思います。

しかし、裁判所主導で金融機関に口座名を明らかにしたとして、その情報を銀行が債務者に伝えないか心配です。銀行が債務者に開示依頼情報を伝えてしまったらまた別の銀行に資金を移してしまいますから。

何にせよ、離婚問題で慰謝料の不払いや養育費の滞納などが顕著化しているだけに裁判で答えが出たならば悪あがきせずに従ってもらいたいものです

 裁判などで確定した賠償金や子どもの養育費が不払いにならないように、支払い義務がある人の預貯金口座の情報を金融機関に明らかにさせる仕組みを法務省が導入する。

www.asahi.com

f:id:loanshark:20160617161209p:plain