読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ニュース:債務整理】140万円超の債務整理「司法書士はできぬ」

債務整理 ニュース記事一覧

あまり気にならない人には全く関係の無い話になるがこうしたブログを運営している当サイトにとってはとても興味深いニュースであると言えます。

そもそも争っていたこと自体を知らなかったのでこんな裁判が合ったんだと思いました。争点は弁護士と司法書士の縄張り争いです。
元々は弁護士しか認められていなかった債務整理業務が司法書士でも取り扱えるようになったのはつい最近のことです。
その結果、消費者金の過払い金返還請求などで司法書士と弁護士が競って広告展開をしたのは記憶に新しい事でした。

ただ当サイトでも司法書士が140万円を超える案件の扱いが出来ないということは知っていましたが金額の中身で争っていたと言うのが今回の記事です。
140万円と言う金額が依頼人が得られる利益と判断した司法書士に対して、弁護士は140万円は債権の請求額であると主張しています。

要するに取扱いの金額が140万円までなら司法書士でも扱えると主張した弁護士に対して司法書士は依頼人が140万円以下の利益なら司法書士でも取り扱えるとい主張したのです。

解釈の違いとは言え一般的には債権額で考えている方の方が多いでしょうし、当サイトでも同じように考えていただけに論点が面白いと思います。

さて結果ですが、弁護士の主張が受け入れられたようです。まぁそうだろうなぁというのが当サイトの素直な見解です。
司法書士側の主張の本質が、取扱い金額の高い案件を取りたいと言うところにあるのは明らかですが最高裁では認められなかったということになると今後も依頼人の被害額や債務額が140万円までなら司法書士でも扱えるということになるのでしょう。

気になる方は下記から読んでみると良いかと思います

司法書士が弁護士に代わって債務整理の業務を担当できる境界が争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第一小法廷(大谷直人裁判長)は27日、「債権の請求額が140万円を超える場合は、司法書士は担当できない」とする初判断を示した。

www.asahi.com

f:id:loanshark:20160420162115p:plain