読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ニュース:奨学金】奨学金の「保証人」が危ない

奨学金返済 ニュース記事一覧 奨学金記事

奨学金の返済に関する記事はあまたありますがその裏で本当に問題になってきていることがあるのを皆さんご存知ですか?
当サイトで奨学金問題の相談をうけていて気になるのが

保証人への影響

なのです。現在奨学金を利用する場合、借主が学生であるため保証人が必要になります。
(この点も日本の奨学金制度が金融に根ざしていると考えざるを得ない点ではあるのですがそれはまた別の機会に議題にしたいと思います。)

この保証人ですが現象選択方式で、親族などに保証人を依頼するケースと保証会社に後ろ盾になってもらうやり方の2種類が存在します。企業などは保証会社を介入して融資をうけるほうが一般的ではありますが個人の問題である奨学金は保証会社よりも保証人を親族に依頼する方が一般的なようです。なぜ保証会社を介入させないのかは記事を読んで理解できました。

保証会社を介入させると月額で保証料金を支払わなければならないため、少しでもお金を節約したい学生さんは保証人型を選択すると言うことなのです。

しかし奨学金においてこの保証人制度がとてもリスクのあるものになってきていると記事は綴っています。事実、相談を受けていて奨学金返済に悩む方々の半数の方が保証人に迷惑がかかってしまうことをな闇にしているのです。

奨学金は無利子、有利子に限らず貸与型が一般的なため返済が滞れば、未払いを清算するため債権回収されることになります。この時、一番最初に目をつけられるのが保証人からの返済なのです。
当事者ははすでに金融的にみれば破綻していると考えられるため返済能力があるとされる保証人に返済を求めることになります。
奨学金の保証人は単なる保証人ではなく、連帯保証人です。
これはとても強い強制力をもつものなので、親などから他人の保証人には絶対になるな、と言われた方も多いでしょう。

連帯保証人問題は過去、日栄や商工ローンというノンバンクで俄然クローズアップされたことがあるので記憶に鮮明な方もおられると思います。その時はその取り立て方法が問題となりましたがこの問題の実態は、

「返せなくなった金は保証人から取る」

と言うことなのです。今の奨学金も残念ながらこの考えを中心に展開しております。大変に問題なのは保証人に対して返済を求める場合ほぼすべてが

一括返済

であることなのです。つまり、見払いが発生したら保証人は債務全額を一括で支払うように要求されてしまうのです。奨学金は5万、10万円という単位のお金ではありません。場合によっては1000万円近い金額になる場合もあります。その全額を一括で返せるような人がどれほど今の日本にいるでしょうか?

このような状態が長く続けば奨学金制度自体のイメージが悪化してしまい、だれも保証人にならなくなってしまいます。そうなれば制度は形骸化してしまい誰も借りることが出来ない制度になってしまうことだってあり得るのです。

ビジネスはお金が回らなければ大きくなりません。奨学金も貸付して回収しなければ機能しなくなりますからこのままいけば金利が高くなったり、就業中に返済を開始しなければならなくなるなどデメリットとも言えるような改悪が発生する可能性もあるのではないかと危惧します。

今回取り上げた記事はこうした点について実に丁寧に書かれてあります。
一度、しっかりと読んでいただければ今の奨学金制度とその問題点が分かるかと思います。

bylines.news.yahoo.co.jp

f:id:loanshark:20160603121252p:plain