読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ニュース:奨学金&詐欺】奨学金詐欺で騙された女学生が急死

奨学金記事 ニュース記事一覧

今回当サイトが目を留めたのは日本の出来ごとではありません、中国での事件です。しかしこの問題は日本でも今後発生しうると感じたため記事として取り上げることにしました。

タイトルからある程度は想像できると思いますが、中国で新手の詐欺が登場しているようです。日本も中国も詐欺は犯罪組織の大きな資金源になるのかここ10年で増え続けています。そんな中、学生の未来をつぶすような出来事が発生したのです。実際の手口は記事を読んでいただければわかりますが簡単にまとめると、詐欺グループが不正に入手した個人情報データをもとに奨学金制度を詐欺のネタとしてお金をだまし取るというのが今回の手口です。

貧困家庭が貧乏から脱出するには学歴を付けることが現代社会の流れなのは日本も中国も変わりません。しかし、教育にはお金がかかるため生活水準が一定以下の家庭では学歴をつけることすらできないという矛盾に対しての解決策が奨学金制度です。犯罪グループはこうした藁にもすがる家庭をターゲットにお金をだまし取った事実をゆすることはできませんし、時系列のはざまに埋もれさせるわけにはいかないのです。

結果として被害者の女性が亡くなってしまったことで大きな波紋を呼び大規模な捜査により犯人は逮捕されたのですがメデタシめでたしですむ話ではないと思います。詐欺グループの使った手口は日本の闇金組織でもすぐに応用可能なほどに似通っているからです。
日本の闇金は昨今、携帯電話と銀行口座を詐欺のタネとして利用しておりますがこれを奨学金に変更するだけで後は同じトークでこの詐欺が成立してしまう可能性があるからです。
現在、奨学金詐欺をメインとした詐欺の存在は確認できておりません。しかし今後こうした詐欺が発生する可能性があると言うことをこの場で知識として詰め込んでおくことで被害に遭わないようにとの思いからこの記事を書いております。

2016年8月19日午後の電話に山東省臨沂市の徐さんは喜んだ。彼女は今年6月の大学入試で南京郵電大学に合格、9月からの新学期を目前にしていた。家計は苦しく教育部門に奨学金を申請中で、まもなく許可が出るというタイミングであった。

奨学金詐欺で騙された女学生が急死 中国 | ZUU online

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/loanshark/20160420/20160420162115.png