読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ニュース:銀行口座】犯罪利用口座 被害者に3.7億円返らず 2015年度

銀行口座記事 ニュース記事一覧

知識を蓄えることが大切であることを意味するニュース記事がでました。振り込め詐欺やヤミ金に騙されてしまった被害者にお金がかえる可能性があるにも関わらず2015年だけで3億円以上ものお金が返還申請がなかったと記事は紹介しております。詐欺グループが使っていた銀行口座が凍結されるとそこに入っていたお金も一緒に凍結されることになります。口座の名義人が異議申し立てを行わなければそのお金は振り込んだ人物から申請があれば一定の期間を経て返還されることになります。こうした事を知らない被害者さんが多いため返還出来なかったお金が3億を超えてしまったと言うことです。返還率は78%と決して低い数値ではありませんがまだ22%もの被害者さんが本来手元に戻るはずのお金を手に入れることが出来ないというのは歯がゆいと言えます。

 振り込め詐欺などの犯罪に利用されていることが判明して凍結された口座の預金を被害者に返還する制度を巡り、被害者から申請がなかったために返還されなかった残金の総額が2015年度は3億7136万円に上ることが預金保険機構の調べで分かった。返還の対象となっていることを知らなかった被害者が多数いるとみられ、預金保険機構は積極的な情報提供に取り組むよう金融機関に求めている。

 

 記事全文はこちらから

mainichi.jp