読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ニュース:奨学金】経済的理由で進学をあきらめなくていい、返済不要の給付型奨学金制度とは?

奨学金返済 奨学金記事 ニュース記事一覧

すでにご承知の方も多いのではないかと思いますが安部政権は奨学金制度について改革案を表明しております。今日本の大半を占めている貸与型、つまりは借金をして学校に通うタイプん奨学金ではなく、返済義務の無い給付型の奨学金制度を作ろうと言っているのです。

それまでの終身雇用制度が確立していた日本であれば、貸与型の奨学金でも年を取ることで所得が上がり返済が楽になったのですがその制度もいまはあまり機能しなくなってきました。
また業界によっては正規雇用でも賃金が最低保証額に近かったり、正規雇用自体が狭き門になっているようなジャンルでは返済自体が目的で生きるような状態になってしまいました。

本来は高度な教育を受けることが貧困から脱することや家族全体の生活水準のアップにつながるため、貧困層でも学費を前借する事で結果を好転させるというのが日本の奨学金制度の原点なのだと思います。
しかし、今の世の中は学歴と所得が言コールにならなくなってきているのでこの図式が成り立たなくなってきていることが問題の本質なのではないでしょうか。

給付型となればリターンの無い税金投与になるのでその財源はどうするのか?などが焦点になります。
この記事では確信には触れておりませんが安部政権が表明する「給付型」について知るには良い記事であると言えます。

記事抜粋

安倍首相が給付型奨学金の創設を表明しました。この制度があれば、進学の意思のある人は、経済的に苦しくても借金を背負わず大学教育を受けられることになります。

記事URL

news.livedoor.com