読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【相談】連帯保証人と保証人の違い

お金の相談 ご相談一覧

【相談内容】

融資を受ける際に保証人が必要だと言われ親族にお願いしようとしたところ、連帯保証人になることはできないと言われました。

事前に話をして保証人OKという内諾をもらったのに連帯保証人だから出来ないというのは納得ができませんでした。

そこでお伺いしたいのですが連帯保証人と保証人では何が違うのでしょうか?

※電話などの回答もあるため当事務所で文章構成しております

【ご回答します】

保証人制度は数々の問題を持っており決して便利なシステムではないと言うのが当サイトの見解です。そもそも保証人とは、 債務者が返済出来ない時に債務者の代わりに返済をする人物のことで、人間が担保という考え方に端を発しています。

荒っぽい言い方をするならば、

「土地も建物も価値あるものもなにも無いならせめて貴方の事を信用している人物を見つけてください。その方の信頼を担保にお金を貸しますよ」

と言ってもおおむね間違いではありません。なにも持たない人でもお金を借りることができる半面、制度を悪用したケースが後を絶たないため年齢を重ねた方などからは、 借金の保証人には絶対になるな と言われることになるわけです。保証人制度は考え方によっては他人を不幸にしてしまう制度なのです。

さて、今回のご質問ですが保証人と連帯保証人の違いです。これは単に「連帯」と言う言葉がついているだけでなく全く別物と言っていいほど異なるのです。

わかりやすく説明すると、

保証人:他人の借金の支払いに対して意見が言えます

連帯保証人:他人の借金の支払いに対して意見が言えません。

契約上の権利関係

借りた人連帯保証人

借りた人保証人

保証人にはいくつかの権利や支払いに関して決め事があります。しかし連帯保証人は権利も決め事もありません。

他人の借金に対して、債権者が 連帯保証人の貴方が支払え と言えば、支払わなければなりません。NOと言う権利がないのです。大変に大きな違いです。

これを法律的な言葉でいうと、

催告の抗弁権

検索の抗弁権

と呼び、保証人に与えられた強い権利なのです。

催告の抗弁権
お金を借りた人に支払い請求やしっかりと返済するような行動をせず安易に保証人に請求した場合、保証人は返済を拒否出来ます。

検索の抗弁権
お金を借りた人に財産があるにも関わらず保証人に返済を求めてきた場合、先に借りた人の財産から支払いをさせなさいと返済を拒否できる権利です。

  つまり、債権者が保証人にお金を払って下さいときても拒否できる権利を保証人は持っているのです。

一方、連帯保証人には債権者が支払いを要求してきた場合、ことわる権利がありません。

これが連帯保証人が嫌われる一番の理由です。

極論ではありますが、借りた人に持ち家がありデンワに出なかったという理由で連帯保証人に返済要求が来たとしても、連帯保証人は「そんなバカな話があるか!」と断る権利がないと言うことです。

f:id:loanshark:20160617161209p:plain