【ヤミ金】オールパートナーズは違法な金融業者

手口:特殊詐欺/無登録金融
被害報告:
結論から申し上げるのであれば残念ながらこのサイトはヤミ金で間違いありません。その根拠と対策方法についてこれからご説明申し上げます。

まず下記に書かれている会社概要の表ですがここに書かれている見出しは全て埋まっていなければならないのです。貸金業は国等の許可産業であり許可が無い業者が行えば違法行為となります、これがヤミ金の定義です。また特商法と言われるサイトを運営するにあたり最低限の情報の開示を義務つけている法律でこの情報が必要であると言っているのです。これはサイトを通して商売をする場合における鉄則です。

そしてこのサイトのデザインですが過去に当サイトでヤミ金として告知したサイトと全く同じものが存在しておりました。

GRN」と「BLU」です。どちらも大変に危険なヤミ金で名前と住所だけを変更したサイトが数多く存在しているのです。

さて表を確認してください。まず担当者名が明らかにされておりません、さらに固定電話番号がありません。これではどのような企業なのかがわかりません。さらに重要なのは貸金業登録番号がサイト上に無いのです。

この点をヤミ金業者に問うと、現在更新中だ、サイト担当者が間違えた、などといい加減な言い訳をしてきますがそんなに簡単な情報では無いのです。貸金業とは例えるならば運転する場合に必要な運転免許証と同じ意味なのです。

無免許で運転すれば罪に問われます。それと同じことです。

次にこの業者の手口ですが融資を行っておりません。つまりヤミ金ですらないのです。

申し込みをすると相手から連絡が来て信用情報が芳しくないとかそのままでは貸付NGになっているとか色々とネガティブな事を言ってきます。しかし実際には貸金業を持っていないため、信用情報機関に登録することすらできないのがヤミ金です。

したがって言っている発言は全てウソであると思って間違いありません。

ここで信用してしまうと何処までも被害が拡大しますので気を付けてください。かといって、電話を無視していると相手は勤務先電話番号をおさえていますから会社に電話される可能性が飛躍的にアップします。そうなれば会社をクビになることもあるのです。

ここでやらなければならないのは相手からの電話を無視せず自分で受けて、その場でどのような提案や指示があっても否定せずハイハイと聞き流すことです。相手を安心させておいてその時間を使って警察に相談します。そこで警察官が電話をしてくれるのであれば電話してもらってください。相手に警察介入を分からせることができます。

それでもおさまらない場合があるのが現代ヤミ金ですからもう1つ安全の為に対策を取っておきます。それは弁護士が開設している無料のヤミ金相談ダイヤルに連絡をしておき情報を話しておくことです。

これで何かあった場合でもすぐに対処してもらうことができます。

スポンサーリンク

サイト名 オールパートナーズ
運営会社 オールパートナーズ
担当者
所在地
電話番号 東京都港区麻布十番2-21-6
貸金業番号
日金協会員
メールアドレス
サイトアドレス http://fundstars-works.com/O3n7RsLG/annai3.php?s=
サイト画像

銀行口座や携帯電話を送らせる行為は犯罪です
融資をするために条件を出してくる業者は闇金濃厚です

【お問合せの多かった法律事務所の無料相談ダイヤル一覧が出来上がりました】
無料で闇金被害を相談できる法律事務所一覧

【ヤミ金】SATは違法な金融業者

手口:特殊詐欺/無登録金融
被害報告:
ここに書いている会社情報とは本来全て埋まっていなければならない情報である。それが1つでも欠けているということは貸金業全体の基本ルールにのっとっていないということになる。このサイトは企業を特定する情報のほとんどが欠けていることがわかります。

所在地は存在こそしているがこの近辺に金融業者が営業している形跡はありません。つまりデタラメの所在地であることがわかります。この時点で特商法違反になってきます。1つ法律を違反しました。

次に貸金業登録番号や日金協の会員番号等がありません。貸金業番頭が無ければ当然、貸金業は営めませんのでどのような理由があっても記載漏れなどあるはずが無いのです。それをサイト上にかいていないということはこれも無登録の金融であることの証明となります。貸金業番号を取得していない業者は日金協の会員になることが出来ません。

このSATは信用情報会社にアクセスする権限が無いということなのです。

つまり相手がどんなに細かな事を言ったとしてもこの業者は信用情報を見ていないということになるのです。相手のトークが巧ければうまいほどウソが上手ということにほからないのです。

すでに2つ以上の違法行為を働いていることがわかります。申し込み時に勤務先やその連絡先を書くような記述方式になっているため申し込みをした後にキャンセルを伝えると担当者が逆ギレして突然、会社に電話する等の行為に及ぶことがあります。

アルバイトはパートの方であれば上司にうとんじられてクビになってしまうこともありますので会社に電話させるのは大変に危険であるといえます。事実、多くの被害者が会社をクビになってしまいさらに厳しい生活になってしまっていることが報告されております。

そこで申し込みをして相手に個人情報を伝えている人は警察に相談をするのと併せて弁護士など法律の専門家がヤミ金被害者向けに提供している無料専用ダイヤルに連絡をして対策を立てておくことをお勧めします。

実際に費用を発生させて弁護士介入でも良いのですがこの段階では皆さん半信半疑で自分で何とかできると思っている方の方が多いようです。

それを否定するつもりはありませんが少しでもヤミ金担当者の態度がおかしくなったら連絡できるような背景を作っておくだけでも心の安心感は出来るのです。

スポンサーリンク

サイト名 SAT
運営会社 サット/エスエーティ
担当者
所在地
電話番号 東京都品川区大井4丁目4 3F
貸金業番号
日金協会員
メールアドレス
サイトアドレス http://fundstars-works.com/T1cOdsYE/annai4.php?s=
サイト画像

銀行口座や携帯電話を送らせる行為は犯罪です
融資をするために条件を出してくる業者は闇金濃厚です

【お問合せの多かった法律事務所の無料相談ダイヤル一覧が出来上がりました】
無料で闇金被害を相談できる法律事務所一覧

【ヤミ金】キャミッシュは違法な金融業者

手口:特殊詐欺/無登録金融
被害報告:
過去に当サイトで全く同じデザインのヤミ金サイトが登場し危険であると告知した経緯があります、それが「シンクス」です。

住所とサイト名こそ変更されておりますが中身はほぼというか同一です。他社でこのようなこと等あり得ません。事実なら完全に他社のサイトのパクリになるわけですから大問題になります。

それが何事も無く存在し広告を掲載しているということは、このサイトが同じグループのサイトもしくは違法性が強く、短期間で犯罪を行った後に消えてしまうサイトだからであると考えることが大切です。

申し込みに関しては勤務先と勤務先電話番号を事前にヤミ金担当者に取られてしまいますからこれはとても危険なことであると言わざるを得ないのです。申し込みをしてしまった人は直ぐに警察に相談をしてください。

警察で、被害が発生していないから何もできない、と言われることがありますがそのような時は納得して一度、帰宅しすぐに弁護士が開設している被害相談窓口に連絡をしてください。

大事なのは1人で解決しようなどと思わない、ということなのです。こうした業者は打たれ強く、どこで脅せば効果的かをよく知っています。だからこそ一人では冷静な判断が出来なくて押し切られてしまうのです。

それが相手の望んでいることですから常にその反対を行くようにしなければなりません。そのためには使えるものは何でも使うことが大切なのです。

下記に弁護士が無料でヤミ金被害の相談を受けてくれるフリーダイヤルの一覧を載せておりますので相手から連絡が来ている方は確認して2つ3つほど電話連絡してみてください。

同じ事例を扱った法律事務所が見つかればしめたものです。

さらに同時エントリーというシステムがついてますがこれは自分の個人情報を他のヤミ金に売ってもいいですよという意味です。つまり個人情報が犯罪者にダダ漏れするということですから気を付けてください。

みたことが無いような未登録電話番号からの電話はできるだけでないようにするなど自己防衛する必要があります。

 

スポンサーリンク

サイト名 キャミッシュ
運営会社 キャミッシュ
担当者
所在地 東京都千代田区外神田1-1
電話番号
貸金業番号
日金協会員
メールアドレス
サイトアドレス http://fundstars-works.com/S2Ucb5Gd/annai2.php?s=
サイト画像

銀行口座や携帯電話を送らせる行為は犯罪です
融資をするために条件を出してくる業者は闇金濃厚です

【お問合せの多かった法律事務所の無料相談ダイヤル一覧が出来上がりました】
無料で闇金被害を相談できる法律事務所一覧

【ヤミ金】ライフスタイルは違法な金融業者

手口:特殊詐欺/無登録金融
被害報告:
このデザインを用いたヤミ金サイトは数多く存在していることがすでに分かっている。そのためサイトを一見しただけで残念ながら違法な業者であることが分かる。

見比べてみらいたいので当サイトですでに告知をしているヤミ金で同じデザインのサイトをリンクしておきます。「アイク」こちらは2018/8/6に当サイトでヤミ金であると断定したサイトであり事実、違法な行為を行っていたサイトです。全く同じですが住所とサイト名を変更しています。住所もサイト名も検索結果に引っかかってしまうと作ったサイトが紐付けされてしまい宣伝をしても申込者が増えないからであると思われます。

さらに問題になるのはこのサイトが一切の融資行為を行っていないことであると言えます。申込者に対してそのままでは融資が出来ないから携帯電話を買い信用情報を更新しましょうとか、銀行のキャッシュカードを使った新しい融資方法で融資が出来るのでカードを指定する住所に送ってください、などと指示を出してきます。

これはどれも詐欺の手口でありオレオレ詐欺などにカテゴリーされている悪質な犯罪行為の一旦なのです。

申し込みをしてしまっている場合は相手から勤務先の確認や信用情報についてのウソの営業トーク、さらには相手に携帯電話やキャッシュカードを送るような指示が出ている場合が考えられます。それはすべて詐欺の行為ですから相手の言いなりにならないこと。

まず相手の言い分を聞いて反論せず、電話を切った後すぐに無料でヤミ金被害の相談をしている法律事務所に連絡をとってください。そこでお願いをしてもよいレベルの被害なのです。

相手は法律を犯していることを承知の上で人をだましてきているのでそう簡単には引き下がりません。ましてすぐそこまで落としている被害者なれば追い打ちをかけてきます。そうなる前にしっかりと相手に意志表示をして関係を断ち切る必要があるのです。

スポンサーリンク




サイト名 ライフスタイル
運営会社 ライフスタイル
担当者
所在地
電話番号 東京都港区赤坂3-16-5
貸金業番号
日金協会員
メールアドレス
サイトアドレス http://fundstars-works.com/S4n8HcPJ/annai2.php?s=
サイト画像

銀行口座や携帯電話を送らせる行為は犯罪です
融資をするために条件を出してくる業者は闇金濃厚です

【お問合せの多かった法律事務所の無料相談ダイヤル一覧が出来上がりました】
無料で闇金被害を相談できる法律事務所一覧

【ヤミ金】NAVERは違法な金融業者

手口:特殊詐欺/無登録金融
被害報告:

迷惑メールを中心に展開しているヤミ金サイトです。サイトデザインは過去にも多くの違法サイトが使っていたものでサイト名をドメインを変えただけのコテ直しサイトです。

このデザインをみただけで違法金融と分かるほどに過去に複数の業者が使っておりますので今後もこのデザインをみたら気をつけるということで被害は未然に防げるかと存じます。

中身は大変に魅力的な事が書かれていますね、まさに誰にでも融資できるかのような記述です。これが本当なら審査等必要ないと思えてしまいますが当然ながらカラクリがあります。

この業者は貸金業登録を行っておりませんので日金協という業界団体に加盟出来ません。すると、団体が作っている信用情報機関に登録することが出来ないんですね。

この時点で彼らは与信行為が出来ないわけです。

相手が何を言ったとしてもそれはすべてウソであるということです。実際に、信用情報がブラックと出ているから融資出来ないとか、このままでは何処の金融機関も貸し出しが出来ないとか、ブロックされている、なんてよくわからないことを発する担当者もいたりします。

全ては虚偽ですから信用情報が汚れているなどと落胆する必要はありません。むしろ問題なのは申し込みをしたか否かです。

もし申し込みをしていて相手から何かをすれば融資をすると持ちかけられている場合は厄介です。ヤミ金行為の8割が完了してしまっている状態なのです。この状況では相手もなんとか金にしようと躍起になりますからキャンセル等もむずかしく、取立行為に近いような悪質行為に出てくる可能性が飛躍的に高まるのです。

銀行口座をおくれ、携帯電話を購入して信用情報を回復しましょう、と言われている方、小額のお金を振り込むので信用履歴を作りましょうと言われている場合など具体的な要望が相手から出ている方はすぐにも法律事務所が開設している無料の被害相談ダイヤルまで連絡をしてください。

独りで何とかしようと思っていると戻れないところまで被害が拡大する恐れがあるからです。無料相談で費用が発生することはありませんので安心してお電話してください。

サイト名:NAVER

運営会社:ネイバー

担当者:

所在地:

電話番号:

貸金業番号:

日金協会員:

メールアドレス:

URL:http://aon2h.com/?ad=ad

サイト画像:

銀行口座や携帯電話を送らせる行為は犯罪です
融資をするために条件を出してくる業者は闇金濃厚です

【お問合せの多かった法律事務所の無料相談ダイヤル一覧が出来上がりました】
無料で闇金被害を相談できる法律事務所一覧

【ヤミ金】アドプラスは違法な金融業者

手口:特殊詐欺/無登録金融
被害報告:
番号詐称をしている闇金業者ですから注意してください!

何をおいてもまず注意しなければならないのはこのアドプラスなる金融サイトは正規に貸金業番号を取得している企業の貸金業番号を勝手に流用してサイト上に記載しているという事実です。

住所に関しては確かに存在はしておりますがこの業者が存在しているという事実は確認できておりません。貸金業登録番号を詐称している以上、まともに住所を記載してくるとは思えませんので業者は隠れて営業していると考える方がしっくりきます。

申し込み箇所にキツい表現が確認出来ました。下記がその記述原文です。

また、虚偽の申込や冷やかし・いたずら等が発覚した場合、弊社顧問弁護士より法的処置をとらせて頂く場合がございます。

サービスを提供する業者がサイト上に顧問弁護士を使って対処するなどと書くことは一般常識で考えてあり得ません。サービス販売したいのか疑います。このような記述がある時点でまっとうな業者では無いという判断ができますので以後も同じようなサイトがでてきたらその時点で「ヤミ金」もしくは「詐欺」というイメージをもち即行動せずにしっかりと情報収集する時間を取るようにして被害を防いでください。

まとめてまいりますと、所在地→虚偽、貸金業番号→他社の番号を勝手に使っている、ということが分かってきました。完全にヤミ金です。

気をつけなければならないのは知らずに申し込みをしてしまった場合です。相手は被害者が途中でヤミ金とバレることを想定してマニュアルを作り込んできます。

例えば、キャンセルしたいと言えば、キャンセルする理由を言え、正当な理由が無ければそれは冷やかしだ!などと脅してきます。さらには勤務先に電話をかけてきてこれでもかと煽ってきます。

このサイトをもう一度見てみましょう。申し込みフォームに弁護士を介入させるかのような記述がありますね。これはキャンセル等を言い出した時の応対話法用につくれた伏線なんです。

サイト上にちゃんと書いてあるだろ!

と声高に主張してくるわけですね。このような変な記述がなぜあるのかわかりましたでしょうか?

そしてこうした記述があるサイトは総じて嫌がらせ、追い込み行為が激しいのが特徴ですからちゃんとした解決策を講じます。相手はできるだけ被害者が法律事務所や知人に相談されることを避けるためにいろいろな甘言を言ってきます。

言いかえればそのような発言が出たのであれば速やかに法律事務所に相談することが正解なのです。

どこの法律事務所が良いかといった知識が無い方も多いかと思いますので文末に無料で相談できる法律事務所の一覧ページを記載しました。

一刻も早く解決することでヤミ金問題は何とかすることが出来るのです。

 

サイト名:アドプラス/AD+

運営会社:アドプラス

担当者:

所在地:山口県山口市熊野町1-10 ニューメディアプラザ山口2F

電話番号:

貸金業番号:福岡県知事(7)01375

日金協会員:

メールアドレス:

URL:

サイト画像:

銀行口座や携帯電話を送らせる行為は犯罪です
融資をするために条件を出してくる業者は闇金濃厚です

【お問合せの多かった法律事務所の無料相談ダイヤル一覧が出来上がりました】
無料で闇金被害を相談できる法律事務所一覧

体験談や情報をお寄せください

◆当サイトまで情報をお寄せください
スタート段階でクレジットカード会社でカード審査をしていた方や広告代理店など多くのジャンルの方からご意見を頂きアドバイザーとして名を連ねてもらっております。

皆様からの口コミや詐欺の被害相談を教えてください

各ページや掲示板など当サイトのあらゆるところにコメントを書き込める箇所を作っております。これは被害に遭われた方が手口を投稿していただいたりできるようにしているからです。
現在の詐欺は手口の移行が速くネットに書かれるとすぐに手口を変えたりサイトを閉鎖して名前を変えて再出発したりします。そのスピードは私たちが記事を書くよりも早いのです。
他のブログサイトなども闇金サイトに関する情報を公開しております。

闇金業者の手口を明らかにすることで同じような被害者を出さないためにも皆様からのご意見、被害情報、闇金サイト情報を募集します。

何とぞ、ご理解の上ご協力いただけますようお願い申し上げます。

1人1人がちょっとづつでも情報を持ち寄ることで大きなうねりを作ることができるのです。

回答者としてエントリー

ブログという相互間コミュニケーションが取りやすい方式でスタートしたのはお互いで1つのサイトを盛り上げることができるからです。
皆さまからいただくご質問やご相談に対して持っている知識を活用したいと言う方はこの機会にぜひご参加ください。
出身ジャンルなどは一切問いません、人の役に立ちたいと思っている方でボランティアとして参加していただける方はお問い合わせフォームからご連絡ください。

体験談や情報をお寄せください

【闇金】一般人が闇金事業を始めている

映画の影響などがあるのかついにここまで来たかという感じさえする。一般人、とりわけ大学生がヤミ金をビジネスにして始めているというニュースが飛び込んできた。

記事はあくまでの中性の立場で書かれているがやっている内容は犯罪行為である以上とうてい看過出来るものではない。 当サイトが知り得ている情報とココに書かれている情報にはかなりのかい離が見える。

記事には闇金を始める際に必要な三種の神器なるものが書かれており、

「名簿」「飛ばしの携帯」「種銭」

と書かれているが当サイトで入手している情報ではことなっている。
闇金に必要な道具とは道具屋と呼ばれる違法業者に対してそれと分かっているにもかかわらず必要な道具を提供する連中と知り合いになることが必要不可欠である。

そして必要なのは、

「飛ばしの携帯」「名簿」「飛ばしの口座」

である。
ヤミ金の返済はかならずキャッシュカードへの振り込みになります。オレオレ詐欺などは実際に自宅まで取りに行ったりすることもあるようだが電話一本で全国の被害者に電話をしている闇金業者はいちいち取りに行くようなことは無い。
それこそ捕まえてくれと言っているようなものだし、受け子に支払う金を考えれば昨今の低金額では受け子を使うのは割に合わない。そして捕まる率が一番高い受け子になりたいという人物を集めることも大学生では難しいと言える。

【闇金に強い法律事務所の無料相談ダイヤル一覧はこちら】

だが大学生がヤミ金ビジネスを始めているというのは本当のことだと思われるし今後もこうした一般人による犯罪行為が増えてテレビをにぎわせることになると予想はできる。

問題なのはこうした犯罪に手を染める人物が犯罪を甘く考えているということである。

謝ればなんとかなる。
警察に使っても立件されなければ罪にならない
知り合いに頼めば罪に問われない

 ネットに書かれているようなにわか知識を信じて犯行に及ぶ連中が増えている。されに言えば法治国家の日本で●●さんに頼めば何とかしてもらえるなどと本当に思っていることに情報把握能力の欠如を感じずにはいられない。

しかしそのような幻想を抱かせるようなサイトが複数存在している以上、今後も勘違いをしたにわか闇金が発生する可能性は否定できない。

闇金は複数の犯罪に抵触する激悪な犯罪であることを今一度知ってもらいたい。

出資法、利息制限法、脅迫罪、恐喝罪などから飛ばしの銀行口座や飛ばしの携帯などにいたってまで全て法律に反しているのである。

これらの法律全てで立件されればおおよそ執行猶予などはつかず一発実刑である。
これから社会にでて思う存分にその辣腕をふるってもらいたいと思う学生がまだひよこの状態であるにも関わらず犯罪に手を染めるのはあまりにも愚かであると言える。
そしてその代償は学生だからという甘い解釈ではおよそぬぐいきれないほどに重い。それほどまでに重い犯罪であることを今一度、知ってもらいたい。 

◆この記事を読まれた方は下記も読んでいます◆

【相談】闇金になりすましで銀行口座をつくられました

【ニュース:ヤミ金】法定金利の最大162倍 “ヤミ金”元経営者ら5人逮捕

最近では珍しい本当にお金を貸していたヤミ金業者が逮捕されました。わずか3年半で約2億のお金を稼ぎだしていたことから相当に組織だっていたのではないかと思われます。 近年ではヤミ金と関わった人間を被害者扱いしてもらえないケースが出てきております。

【闇金に強い法律事務所の無料相談ダイヤル一覧はこちら】

ヤミ金と分かっているのに借りたのであれば犯罪者に協力する目的があったのではないかと言われるからです。 現状ではまだ「しらなかった」と言い切ることで信用はしてもらえますが今後はそのようなこともなくなってくることが予想されます。 怪しいと思ったら絶対にかかわらないこと、怪しいと思った時点で警察に相談すること、そして ヤミ金でもいいから金をかしてくれるなら借りたい と思わないこと。これ、犯罪ほう助になるかもしれませんから。

+記事抜粋 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000121560.html

【ニュース:ヤミ金】キャッシュカードだまし取りまとめ

ここのところ立て続けにキャッシュカードをだましとった犯罪グループの逮捕記事が世間をにぎわせております。こうした手口は近年、爆発的に増えておりその形態が2つあることもわかってきました。

ここでは直近1カ月におこった詐欺事件をまとめました。そこから見えてくる詐欺の手口について考察していきたいと思います。

■警察官を装いキャッシュカードをだまし取る

警察官を装ってうその電話をかけ、都内の女性からキャッシュカードをだまし取ったとして、42歳の男らが警視庁に逮捕されました。
同様の手口でキャッシュカードをだまし取られ、現金を引き出される被害はことし7月以降、都内でおよそ2億7000万円に上っているということで、警視庁が注意を呼びかけています。

ニュースソース:警察官装いキャッシュカードだまし取った疑い 5人逮捕

こちらは「オレオレ詐欺」から発展しただまし取りであるといえます。判断ポイントはこの容疑者はお金のはいったカードをだまし取ることを目的としているからです。暗証番号をたくみに聞き出して中に入っているお金をまんまとだましとっていることからそのことが伺えます。

ヤミ金業者などがキャッシュカードをだまし取る場合は、お金の入っていない使ってないカードとか新規で作らせたカードをだまし取ります。その方が被害者の疑いを向けないで済むからです。

【闇金に強い法律事務所の無料相談ダイヤル一覧はこちら】

■銀行員を装いキャッシュカードをだまし取る

20日、下野市、無職女性(61)から、銀行員をかたる男らにキャッシュカード2枚をだまし取られたと、警察に届け出があった。下野署は特殊詐欺事件として捜査している。

ニュースソース:特殊詐欺、キャッシュカードだまし取られる

これはまだ犯人が捕まっていない事件です。手口は先のと同じくオレオレ詐欺系の業者が行ったことだと思われます。違うのは警察官ではなく銀行員を装っていることが挙げられます。

オレオレ詐欺は劇場型といわれるようにかなりドラマ仕立てで詐欺行為を行ってきます。演技が上手などとは言いたくありませんが真に迫る演技指導でもうけてるんじゃあないのかと思うほどにたくみに騙します。

やはりお金の入ったキャッシュカードを送らせて現金を全て抜き出してしまっていることが明らかになっております。しかし、現金を抜き出す際にはかならずコンビニかATMに行かなければならず容疑者の顔写真が移ることになるわけです。まったくもって逮捕されてほしい限りです。

■カード詐欺容疑で10人逮捕、全国で被害2千枚

貸金業者を装ってキャッシュカードをだまし取ったとして、警視庁と三重県警の合同捜査本部は13日までに、詐欺容疑で、埼玉県草加市、無職、村瀬勝久容疑者(36)ら男7人を再逮捕した。新たに別の男3人も同容疑で逮捕した。

ニュースソース:カード詐取容疑で10人逮捕 全国で被害2千枚、売却か

これはまさに当サイトで告知してきた銀行口座のだまし取りに関する逮捕記事です。ヤミ金サイトを展開して集客し、融資するからともちかけて「預入融資」「独自審査による自社貸付にキャッシュカードを担保にする」と持ちかけてカードをだまし取る典型的なヤミ金手口です。

これ正直、すごく被害者が多いです。でも弁護士は受けたくないというところがほとんどなんです。

だって、被害者だけど被害者じゃなく加害者になる可能性が高いからです。最初からクロになる可能性のある人物の弁護は引き受けないでしょ。それもほぼ確実にクロになるわけですから。

1サイトで10人が動いていたとは考えられないのでおそらくは2サイトから3サイトで10人の人間が常時、電話をかけて被害者を生みだしたのだと思いますね。なぜなら1サイトでもたいてい3人くらいしか稼働させないんですよ、ヤミ金業者というのは。これには理由があって危険だからです。1サイトで儲かるからといってどんどん人を増やしていき警察に摘発されたらそこでビジネスが終わるからです。

分けておけばリスクヘッジできるからどこか1つがつかまったら逃げてしまって別のところからまた同じように詐欺をすればいいやって考えなんだと思います。

でもそこまで警察も甘くはないという記事にもみてとれますね。コレも容疑は「詐欺」です。文章にもありますが貸金業者を装ってキャッシュカードをだまし取ったとして逮捕とかかれていることから警察ではこの事件をヤミ金問題ではなく詐欺事件として取り扱っていることがわかります。

そしてこちらの詐欺は被害者に大変な問題が発生することがほとんどです。

◆自分の口座が連動してどんどん止まる

この問題はオレオレ詐欺グループの被害者には発生しておりません。サラッピンのカードか使っていないキャッシュカードを送ってしまう貸金業タイプの詐欺業者による被害者に発生してます。

なぜなら、彼らはだまし取ったキャッシュカードを暗証番号付きで他の犯罪者にうってしまい、別の被害が発生してしまうからなのです。他の詐欺での被害者が犯罪者が指定した銀行口座に振り込みました、と被害相談することで警察は犯罪収益が拡大しないようにその口座を凍結します。

と同時に預金保険機構に犯罪者と関わった可能性のある悪意のある銀行口座として名簿に記録してしまうんですね。

すると銀行は、

ヤバいヤバい、うちでもコイツ口座持ってるよ、すぐに止めろ!

となるわけです。はい、これが連鎖凍結のカラクリです。オレオレ詐欺型のキャッシュカードだまし取りがこの分野に参入してきたことで今後、銀行口座を狙う詐欺グループは爆発的に増えると思います。

だから変な金融サイトに申し込みをしたりした人は相手の話をよく聞いて、銀行口座を預かるとか、チェックするとかそんなことを言われたらダッシュで警察に駆け込んでください。

また金融庁とか警察が話の全容を明かしながら話すなんてことは絶対に無いんで、なにか事件に巻き込まれてるとか言われたらその場は話だけ聞いておいて必ずダブルチェックして下さいよ!

「もしもし警察ですか?いま警察官がウチに来て私のキャッシュカードが犯罪につかわれてるからカードをあずかるとか言ってるんですけど本当ですか?」

コレを警察に電話するだけでいいんです。それで被害はほぼ100%防げるんですよ!


ローンシャーク