カテゴリー: 2016年10月

【ヤミ金】メリー(03-6804-7306)は白ロム詐欺

手口:白ロム詐欺/携帯電話買取詐欺
被害報告:
申込をすると電話がかかってきて融資をするためには信用情報を上書きする必要があると持ちかけてきます。そのために携帯電話を買って送ってください、その後すぐに融資します等と言われますが融資はされず、携帯電話もだまし取られてしまいます。一度でも送るとしつこく営業してくるだけでなく勤務先などにも電話をいれてくることが確認されております。

サイト名:メリー

運営会社:株式会社メリー

担当者:マツヤマ

所在地:東京都文京区小石川6-1 5F

電話番号:03-6804-7306

貸金業番号:東京都(2)第24377号

メールアドレス:

URL:

サイト画像:

f:id:loanshark:20161024141101p:plain

信用情報やCICなどの名称を持ちだされたら業者を疑うこと
掲載情報以外の電話番号や名前をご存じの方は情報提供をお願いいたします。

【ヤミ金】シティネットは違法な金融業者

手口:特殊詐欺/無登録金融
被害報告:
このサイトは貸金業登録番号を取得せずに営業している無登録型の闇金であることが分かっております。さらに自分たちで必要のない個人情報を他の闇金に転売しているようで複数の未登録電話番号などから融資相談の連絡がはいってしまうといった相談が届いております。さらにはキャンセルすると怒鳴るなど通常の商いでは考えられないような出来事が発生していることも報告されてきております

サイト名:シティネット

運営会社:citynet

担当者:

所在地:東京都渋谷区渋谷1-20-26 ユーエスト青山1階

電話番号:

貸金業番号:東京都知事(1)31753号

メールアドレス:

URL:

サイト画像:

f:id:loanshark:20161024105353p:plain

キャッシング会社のようなサイトを作り営業するが特殊詐欺の一種
融資行為をしておらず融資条件を満たすための要求をしてくる

【相談】財布を盗まれた上に口座を悪用されました

【相談内容】

3年ほど前に呑み屋でトイレに行ってる時だと思うですが財布を盗まれました。警察には盗難届を出したのですが先月になって銀行から連絡が入り銀行口座を凍結します。と言われました。
意味がわからずなんで止めるんですか?そもそも使っていない口座なのになんで?ときいたら、犯罪に使われたからだと言われ財布を盗まれたことを思い出しました。
口座を止めた警察署に電話をして紛失届が出てると思いますと説明してなんとか理解はしてもらえましたが銀行口座の凍結解除は銀行の仕事と言われました。
生活用に使っている銀行からも来月末に解約してもらいたいと言われてしまってます。
生活口座だけはなんとかして守りたいです。

※電話などの回答もあるため当事務所で文章構成しております

【ご回答します】

盗難届を提出したとき同時に銀行でもカードの利用停止と再発行手続きをしていればこのような問題は防げたと思います。
いまさらその話をしても後の祭りなのでこれからの話をしようと思います。
被害届から銀行口座を凍結した警察署にリストから名前の削除をしてもらうように要請をすることが大切です。犯罪にかかわっていると判断されると犯罪者の集金用口座と捉えられ被害者の口座が凍結されるケースが目立ってきております。
預金保険機構に名前が登録されると関連して全ての口座が止まるまでこの状態は続きます。
疑いが晴れたのであればまずリストの削除依頼が第一です。
さらに関連して止まった口座について解約手続きをする前に凍結解除手続きをすることが肝心です。
相談者さんは問題の当時者ですから何を言っても聞き入れてはもらえません。そこで、法律事務所に相談をして関連して止まる口座について対策してもらうと言うのがこの問題のポイントになります。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/loanshark/20160617/20160617161209.png

【ヤミ金】キャットローンは違法な金融業者

手口:特殊詐欺/無登録金融
被害報告:
同じデザインの色違いで登場した闇金です。広告代理店などが用意したサイトに名前などを当て嵌めただけのサイトであると言えます。このようなサイトは貸金業登録を行わず、法人登記もしていません。つまり、社会のルールを全て無視した違法なサイトであると言えます。事実、被害者報告から貸付を行っていないことが明らかになっています

サイト名:キャットローン

運営会社:株式会社キャットローン

担当者:

所在地:東京都品川区西五反田7-6-4 3F

電話番号:

貸金業番号:都(1)28512号

メールアドレス:

URL:

サイト画像:

f:id:loanshark:20161024105059p:plain

キャッシング会社のようなサイトを作り営業するが特殊詐欺の一種
融資行為をしておらず融資条件を満たすための要求をしてくる

【ニュース:銀行口座凍結】「口座凍結の運用改善を」 ヤミ金被害者支援団体が申し入れ

これぞまさにタイムリーと言うべき記事が出ましたので掘り下げてみたいと思います。 大坂いちょうの会はこうした問題についての大家で多くの被害者が相談するだけでなく強い意見も持っている老舗です。

記事ではいちょうの会が抱えている問題について記載されておりますがその問題とは、当サイトでもトピックスとして取り上げている銀行口座凍結問題なのです。
銀行口座の凍結で一番問題になるのは、被害者の口座が止まってしまうことでその後も名義人が口座を持つことが出来ないと言う最悪の状態が無制限に続いてしまうことです。

当サイトへの相談でも、警察では犯罪関与ナシといわれたにも関わらず凍結が解除されないばかりか関連している口座まで止まってしまい生活に大きな支障が出てしまうことが報告されてきております。

警察の対象範囲と銀行が定めているサービス提供範囲がズレておりしっかりとした連携が取れていないことがこの問題の根幹であると当サイトでは考えております。

現状では関連して止まる可能性のある銀行口座についての対策と、口座というサービスに関するしっかりとした認識しか出来ておりませんがいちょうの会がこの問題について一矢を放ってくれたことはとても大きいと思っております。

ヤミ金の被害者が業者側と同一視され、金融機関の口座を凍結されるトラブルが相次いでいるとして、支援団体が5日、警察庁や全国銀行協会などにあてて、口座凍結の運用改善を求める申入書を送付した。 

 引用:「口座凍結の運用改善を」 ヤミ金被害者支援団体が申し入れ – 産経WEST

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/loanshark/20160420/20160420162115.png

【ニュース:荷受代行詐欺】携帯詐取で3人再逮捕

荷物転送をバイトなどと称している荷物代行詐欺ですが逮捕者が出たことで一般の方の耳に入る事態になりました。
逮捕者がもともと闇金関係のグループに属していたのか、オレオレ詐欺グループの流れなのかは今後の捜査ではっきりしてくると思いますが気をつけなければならない詐欺が登場したと言えます。

逮捕者の容疑は「詐欺罪」です。

荷物を転送する「荷受け代行」のアルバイトに応募してきた他人名義を使い、スマートフォンをだまし取ったとして、県警サイバー犯罪対策課と鎌倉署は19日、詐欺の疑いで、横浜市鶴見区鶴見中央4丁目、無職の男(34)=詐欺罪で起訴=ら3人を再逮捕した。

記事 携帯詐取で3人再逮捕 収益1億円超か|ニフティニュース

代金を支払う意志も無いのに携帯販売会社から携帯をだまし取った容疑ということです。問題なのは詐欺グループが巧妙な詐欺手法を使っていたという点です。

彼らは他人名義で携帯電話を購入したのですが何故、他人名義で携帯電話が買えたのでしょうか?
そこには狡猾な詐欺師の罠が仕掛けてありました。

業者は名義人を募集するためにアルバイトサイトに求人募集をかけました。
そこでは在宅で出来るお仕事、仕事の合間にできるアルバイトなど誰にでも出来て手間ヒマも掛からないかんたんな仕事という魅力的なことばを並べます。

募集してきた人物に対して、高額な商品などの取り扱いもあるため身分の確認をしていると称して顔つきの身分証明書の画像を送らせ、給与の振込用口座情報を取得します。
名前、住所、年齢、顔付きの身分証明書、振込用銀行口座までわかれば詐欺の半分は完了してしまっていると言えます。

彼らはその情報をもとに被害者になりすましネットだけで購入が出来る携帯販売業者で携帯電話を購入します。販売業者が調べてもSIMカードの送り先と身分証明書の住所が一致しているわけですから本人と誤認してしまいます。
両者間で契約が成立したと誤認した携帯販売会社は商品を被害者宅に発送します、この時点で販売業者はなんら疑いを持っていないでしょう。

そして商品が被害者宅に届きますが、荷受代行というアルバイトですから被害者も疑いを抱くことはありません。そして、指定された住所に商品を送り出して金銭を受け取り仕事は完了します。

しかし実態は、自分の名前で勝手に携帯電話が購入され、自宅に届いた自分名義の携帯電話を見ることも、確認する事も無くそのまま犯罪者が用意した本回収用の住所に送ってしまっているのです。

この詐欺で一番の問題はまさにこの点にあります。
本人が理解をしていないうちに詐欺の共犯にされてしまうことにあるのです。これは白ロム詐欺の進化系とも言える手口で闇金サイトを集客媒体とする白ロム詐欺に対し、バイトサイトを集客媒体に変更しただけといえるのです。

白ロム詐欺と同じであるからこそ、被害者が加害者もしくは詐欺の共犯になってしまう可能性があり事実、被害相談に行かれた方より警察官から本人過失を問われる旨の話をされたとの報告が入るのです。

今回逮捕者が出たおかげで新種の詐欺手口を警察が理解し犯罪と認識しているとわかり大変に心強く感じました。携帯電話をだまし取り悪用する詐欺はすでに存在しておりますがよほど儲かるのでしょう。

こんな亜種まで登場したとなると今年後半から来年にかけて荷受代行詐欺の被害が拡大する可能性があります。
表面化してきているということは相当数の潜在被害者が発生してきていることも否めません。

昨年あたりからそれまでの定番であると言われていた闇金の手口が少しづつ進化してきており新たな被害者を生みだしてきております。携帯電話のだまし取りなど10年前までは詐欺として確立すらしていなかったと思います。

アイフォンの登場によるスマートフォンの台頭で実質0円携帯時代が終焉を迎え、リセール率の高い商品になったことが携帯買取詐欺を生み出した土壌であると言えます。それからわずか10年で携帯電話のだまし取り詐欺は闇金の主流になってしまいました。

当サイトに問合せのある被害報告のうち60%が携帯電話をだまし取られた、だまし取ろうとされているといった白ロム詐欺に関する問い合わせなのです。そしてこの詐欺が現在、最悪の詐欺と言われる理由は、被害者が犯罪教唆に問われる可能性をはらんでいることなのです。

それまで闇金問題は、闇金業者と被害者という2者間での問題をどう解決するかが焦点でした。ところが白ロム詐欺は2者間の問題だけではなくなってしまったのです。

・荷受代行詐欺の責任範疇

→バイトを斡旋する業者 犯罪

→荷受代行を仕事だと思って受けた人 犯罪or犯罪教唆

「知らなかったので私は被害者です。助けてください」

が通じなくなってしまったのです。誠意を持って話をすれば理解してもらえるなどと指摘される方もおられるようですが、現実はそこまで甘くは無いようです。

いまいちど、ご自身の個人情報というものについて認識を改めてみるべきではないでしょうか。

なお、当サイトとしては銀行口座詐欺と同時進行でこの問題についても追跡していきたいと思っております。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/loanshark/20160420/20160420162115.png

【ヤミ金】マネーライフグループは違法な金融業者

手口:特殊詐欺/無登録金融
被害報告:
貸金業登録を行っていないことが判明したこの業者が日金協の会員になることはできません。従って記載の日本貸金業協会会員第001785号もあり得ない番号記載ということになります。照会してみると全く別の正規業者が会員資格を持っていることがわかりました

サイト名:マネーライフグループ

運営会社:株式会社マネーライフグループ

担当者:

所在地:東京都豊島区池袋5-9-3前島ビル7F

電話番号:

貸金業番号:関東財務局長(2)00228号

メールアドレス:

URL:

サイト画像:

f:id:loanshark:20161024104757p:plain

キャッシング会社のようなサイトを作り営業するが特殊詐欺の一種
融資行為をしておらず融資条件を満たすための要求をしてくる

【ニュース:荷受代行詐欺】「荷受代行」バイトに注意…知らぬ間に格安SIM詐欺に

本日のニュース記事は新しい詐欺手口の登場とその手口についてです。

今年半ばから問題になりつつある荷受代行・荷受転送が詐欺の新手口として登場し被害者が急増しております。

昨今まで名称がバラバラで統一性が無かったのですがここにきてマスコミも報道に力を入れ始めたこともあり耳にする機会も多くなると思いにニュース記事として取り上げます。

そもそも荷受け代行って何をするのかもわからない方が大半ではないでしょうか?
そこで荷受代行・荷受転送について詳しく説明しているサイトがありましたのでこちらを読んでみてください。

+記事抜粋

販売店に足を運ばなくてもインターネットで契約でき、実物も宅配便で自宅に届く。そんな格安SIMを自分の名義で契約されてしまったという相談が相次いでいるという。

「荷受代行」バイトに注意…知らぬ間に格安SIM詐欺に|MONO TRENDY|NIKKEI STYLE

重要なのは、荷受代行という在宅バイトは成り立たないということをしっかりと認識することです。
業者は「在宅ワーク」とか「主婦でもできるアルバイト」などかんたんで手間がかからずにお金が手に入るかのような見出しを使って集客しているため、主婦や在宅者を中心に被害が拡大しておりますので決して騙されないようにしましょう。

次に荷受代行詐欺について箇条書きにしてポイントを書き出します。

【1】SNSや口コミを中心に展開している詐欺である
大手のSNSや短文掲載サイトなどに入り口を設けて集客をしているケースが主流ですが、スパムメール等を使ったサイト集客も出始めております。今後はサイト型も増えてくると思われます。

【2】アルバイト、在宅ワーク、専業主婦でも出来るかんたんな仕事という錯覚
ターゲットにされているのは日中、家にいる専業主婦や自宅勤務の方、障害などを持っており一般職に就業が難しい方であると言えます。
被害に遭われている方の多くが上記のどれかに属していることからも業者が狙っている属性が明らかです。

【3】荷物を転送するだけ、受け取り代行の仕事など存在せず
荷受代行詐欺とは、誰がどのように買ったかわからないような携帯電話や関連商品などが自宅に届き、それを別の場所に宅配依頼することです。
現状では格安携帯電話会社で購入された商品の受け取り窓口としてあなたの家が郵送先指定されており携帯電話会社が詐欺だと気付き警察に被害届を提出した場合、あなたは犯罪共犯に問われる可能性がある、そういう仕事であるということです。
携帯買取詐欺で警察が捜査する場合、まず荷受代行を引き受けた人物が重要人物として捜査対象になります。
白ロム詐欺と同様、本人過失が問われ、詐欺の共犯者になる可能性を否定できません。

【4】自分名義で勝手に格安携帯電話を買わされている
この詐欺と白ロム詐欺との決定的な違いが自分名義の携帯電話を第三者が勝手に契約してしまうことにあります。

荷受代行詐欺はアルバイトという体裁のため最初に多くの個人情報を提出するように求められます。
その個人情報はあなたになりすまして格安携帯会社から携帯電話をだまし取るための必要情報として利用されているのです。
もちろん、なりすまされて購入した携帯電話もあなたの家に送りつけられ、すぐに詐欺が本回収用に用意している秘書箱屋などに転送されることになります。

【5】支払いは被害者が行うことになる
なりすましで購入されてしまった携帯電話であるとはいえ、購入に必要な複数の個人情報を教えてしまったことから本人過失を問われる可能性があり、警察に相談したとしても状況が好転する可能性は低いと言わざるを得ません。
これは今までの白ロム詐欺の被害者と同様、「知らなかったで済む問題ではない」と言われてしまうことが多く、騙されたので被害届を提出したいとお願いしても、

「あなた自身が加害者になる可能性があるのだから被害届は受理出来ない」

といわれてしまうこともあるようです。

携帯電話会社も同様のスタンスで複数の個人情報、身分情報など一般的に第三者がかんたんに得ることが出来ないような契約方法を取った上での契約なのだから支払いは契約者、つまりあなたになるという主張を崩しておりません。

もしそこまでの個人情報を第三者に教えたのであればそれは本人の過失であるということを示唆しているのです。

さらに高額な請求書の支払いを断れば携帯会社各社が登録している信用情報会社にその履歴が登録される可能性を否定することは出来ないのです。いわゆるブラックリストと総称される信用情報機関への登録です。

荷受代行というアルバイトを模した犯罪行為がいかに危険であるかをご理解いただけたかと思います。この詐欺に騙されないようにするためのポイントをまとめてみました。

ポイント:
・荷受代行、荷受転送なるアルバイトは存在しない
・顔つきの身分証を送らせるようなアルバイト業者は気をつける
・身分証と銀行口座情報を会いもせずに送らせるような業者は詐欺を疑う
・携帯電話が連絡先のアルバイト会社は信用しない

この問題は今後、社会問題化してくることが予想されますので被害情報や関連記事がアップされたら継続的にニュース記事もしくは相談内容としてアップしてまいります。

 

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/loanshark/20160420/20160420162115.png

【ヤミ金】トップスポットは違法な金融業者

手口:特殊詐欺/無登録金融
被害報告:
安心と信頼のなどと書かれておりますが融資を行っているという話が挙がってきません。その点を踏まえて貸金業番号など業者を調べてみると登録番号は登録実態が無い番号の記載で所在地についても郵送物が届きませんでした。独自審査といいブラックユーザー等をターゲットにしていますが闇金ですら無いことが分かってきました。くれぐれも気を付けてください

サイト名:トップスポット

運営会社:株式会社トップスポット

担当者:

所在地:東京都新宿区西新宿4-1-3

電話番号:

貸金業番号:東京都(3)38278

メールアドレス:

URL:

サイト画像:

f:id:loanshark:20161024104433p:plain

キャッシング会社のようなサイトを作り営業するが特殊詐欺の一種
融資行為をしておらず融資条件を満たすための要求をしてくる

【ヤミ金】レビューは違法な金融業者

手口:特殊詐欺/無登録金融
被害報告:
書かれている貸金業番号は虚偽の番号であることが確認されました。またキャンセルをすると会社に電話して営業妨害社員を雇ってるなどと騒ぎ立てると脅しているようです。このような行為は違法性が問われるため勤務先へ電話が入った時点で警察に相談する事を勧めます

サイト名:レビュー

運営会社:Review

担当者:

所在地:東京都渋谷区恵比寿西1-15-8 シリトンビル4F

電話番号:

貸金業番号:都(1)31103

メールアドレス:

URL:

サイト画像:

f:id:loanshark:20161017153802p:plain

キャッシング会社のようなサイトを作り営業するが特殊詐欺の一種
融資行為をしておらず融資条件を満たすための要求をしてくる

1 2 3 4

ローンシャーク