カテゴリー: 2017年5月

【相談】消防車や救急車、ピザの出前等の嫌がらせを受けてます

【相談内容】

先日ごろから闇金の取立というか嫌がらせ行為に参ってしまっております。先月にヤミ金業者と知らずに申し込みをしたところ返済履歴が必要だからと言われお金が振り込まれてきました、たしか5000円くらいだったと思います。そして翌日に1万円で返済しその翌週も1万円を返済、その翌々週も1万円と毎週返済するようになりました。いつまで経っても信用が回復しないとかでお金を要求されるのでこれ以上は無理なのでキャンセルしたいと伝えると逆行しキャンセル費15万円を今すぐに払えと脅されました。

そんなお金があればこんなところに借金の無心などしませんし何かがおかしいので警察に相談しますといって電話を切り、その後は無視をしていました。

すると翌日になり私の勤務先に電話をかけてきて上司を出せとか社長を出せと騒いでいると言われました。同僚の話だと怠慢社員がいて借金を返さないので上司か人事を出せと騒いでいると言うことでした。当然会社としてはそんな要求には応えられないというのですが電話がこわれるほど大きな声でさわいでいることや何度も電話をかけてくるので会社に居づらくなってしまいました。

上司から警察や弁護士に相談して会社に電話されないようにしてほしいと言われ、同僚とかが不安がっているので少し休みを取ってほしいと言われました。会社には私が退社したことにして相手の電話がかからないようにすると言われました。

それから3日くらいしてまた私の携帯電話が鳴るようなったのですが闇金と分かったし警察では電話を無視するか電話番号を変更しなさいと言われたので電話を無視してました。そしたら夜中に葬儀屋が自宅にきてお悔みを申し上げますと言ってきました。電話した覚えも無いし、無くなった人物の名前が私なので大変に恐怖を感じました。葬儀屋には電話していないことを伝え、私の名前を伝えるとイタズラはやめてほしみたいなことを言われました。

その後も夜中に救急車や消防車を呼びつけられました。

その場で救急隊員に私ではありませんと伝えると悪質な行為だから警察を呼んで事情を話しなさいと言われたので次の日に警察に相談しました。

ただ毎日、ピザとか中華料理、お寿司などの出前の連絡がくるのでどうすればよいか困っています。

どうしたものでしょうか?

※電話などの回答もあるため当事務所で文章構成しております

【ご回答します】

 

大変に悪質な行為であると言わざるを得ません。融資保証詐欺や押し貸し詐欺業者が好んで使っていた手法ですが少し前に問題視され最近ではあまり被害を訊かなくなっていたのですが押し貸し詐欺の復活に合わせてまた登場していることを示唆する被害相談でした。

小額を振り込む押し貸し詐欺、預託金や保証金をだまし取る融資保証詐欺はどちらもお金を直接要求してくる詐欺であることが共通点です。そしてどちらも必要以上に個人情報を聞き出してくることも同じであると言えます。

通常のキャッシング会社では融資希望者の個人情報と勤務先、既婚者か独身者かといった程度の情報で与信をかけます。しかし詐欺業者はそれからさらにいくつかの連絡先を聞き出し、取り立て行為を行う際の連絡先リストとして活用してきます。たとえば、

「緊急連絡先としてご実家の番号を教えてください。それからご兄弟がいる場合はその方の連絡先と勤務先、ご両親の連絡先と勤務先、お子さんがいらっしゃるのであれば学校名を教えてください」

といった具合です。さすがに子供の学校については怪しいと感じる方が多いので、子供がいるか?いるならいまいくつか?といった質問に代わってきており、年齢と住所から近くの小学校など学校を狙い撃ちにして電話をかけてくることも報告されております。

救急車や消防車、自身になりすましての注文行為は営業妨害であると言えますし、迷惑防止条例違反に問える可能性があります。そして何より詐欺に端を発するこうした行為は詐欺罪、恐喝行為に抵触すると思われます。法律に違反していることは明確なのですが証拠が無ければどうにもなりません。

そこで相手の会話を録音するなど自己防衛をすることが必須になってきます。相手になぜこういう行為をするのかなどをさりげなく問い、相手がその行為について言及する発言を導きだしたらその録音データをもって相手の業者名、電話番号、担当者名、やってきた嫌がらせ行為を書き出し警察に相談することで被害届が入りやすくなります。

そして弁護士の介入についても検討を始めてください。こうした問題は弁護士が間に入ることで被害を抑えることができます。闇金業者にとっても弁護士が真剣に介入し刑事事件として告訴するなどの事態に発展することは望んでいないのです。逮捕されるリスクが高まるのなら、その案件を放棄し次の被害者を探す方が彼らにとっては安全で楽にお金が手に入るからです。

義憤にかられる方からは手厳しい意見等も頂くのですが当事者と傍観者ではまるっきり状況は違うのです。相手に自分の個人情報だけではなく周りの関係者の情報をすべて知られている状態というのは本当に怖いのです。まずは自分の身の安全を確かめ、問題の終息を一番に考えるというのは当然ではないでしょうか。

【お問合せの多かった法律事務所の無料相談ダイヤル一覧が出来上がりました】

ヤミ金被害や脅迫・恐喝被害を取り扱う法律事務所無料相談ダイヤル一覧

【相談】携帯電話を買わなければキャンセル費用がかかると言われました

【相談内容】

ネットで知ったキャッシングサイトに申し込みをしました、それはだいたい4月の終わりころです。そしたら5月2日に電話が掛かってきて私の信用情報を取り寄せたら融資NGと書かれていたのでこのままでは融資は出来ないし、どこの金融機関からも融資は断られるだろうと言われました。

信用情報でブラックになっていることは知っていたのですがそれでも借りれるところがないかを探していたのでそのまま電話を切ったら、すぐに別の人から電話がかかり、独自審査枠で融資が出来るから電話を切るなみたいなことを言われました。その人は上司で部長とかそんな感じのことを言ってました。

彼は声もやさしいし厳しいことも言ってきますが親身になってくれるためこちらも頑張ろうと言う気持になりました。そして独自融資枠を受けるためには信用情報会社の情報をすこしだけ回復すればよいので携帯電話かアイパッドを購入してもらいたいと言われました。実際に端末が必要なわけではなくその購入履歴によってローン情報が回復するのだと説明を受けました。

そこでdocomoで2台の端末を購入して電話すると、その端末は高価買取してくれるところがあるからと言って東京の買取業者を紹介されました。そこでSIMカードを抜いて送るよう指示されゆうパックで送りました。しかし信用情報が大型連休なので更新が遅れてるからもう少し早くするためにAUで購入してほしいと言われ5月の5日にAUでさらに端末を購入して同じところにおくりました。

今日になって相手に電話をしてもつながらずもしかして詐欺かもしれないと不安です。これは詐欺ですか?

※電話などの回答もあるため当事務所で文章構成しております

【ご回答します】

結論から申し上げると特殊詐欺、白ロム詐欺の手口で間違いありません。業者は融資を行うつもりは全くなく、携帯電話をだまし取るのが彼らの真意です。高価買取として教えられた業者もグルでありもしかするとそちらが本体の可能性があります。だまし取った携帯電話はすぐに転売されてしまうため取り返すことはほぼ不可能です。

転売先が犯罪グループだった場合、悪用され被害者が発生し被害届が提出されると真っ先に疑われるのは相談者になります。

携帯電話は本人の利用においてのみ利用が許されている商品となりますので転売した時点で過失を問われる可能性があるだけではなく、悪質だと判断されると携帯電話会社から警察に対して被害届を提出される場合もあります。

いずれにしてもやらなければならないこととしてまず携帯電話の利用休止、解約が可能であれば解約手続きを取る必要があります。こうすることで本人名義で購入してしまった携帯電話端末の負債を小さくします。次に、闇金業者やニセの買取業者との関係を完全に断ち切る必要があります。こうした業者は一度、詐欺に引っ掛かってしまった被害者をカモリストとして別リストに保存し新しい詐欺が登場した際などに改めて連絡をしてきます。

キャンセルや意図しない発言をすることで勤務先に電話をかけたり親族の連絡先を抑えている場合は、親族に電話をかけるなど嫌がらせを繰り返すことで言いなりにさせようとしてきます。実際にこうした嫌がらせにより会社をクビになってしまったケースも確認されており厄介です。

このような問題については相手の状況等をしっかりと把握し適切な対応が肝心です。無料相談を設けておりますのでお手すきの際に一度ご連絡ください。

【お問合せの多かった法律事務所の無料相談ダイヤル一覧が出来上がりました】

ヤミ金被害や脅迫・恐喝被害を取り扱う法律事務所無料相談ダイヤル一覧

【相談】ベルコというモニター詐欺に遭いました

闇金とは違うんですが私も銀行口座を騙し取られてしまいました。そもそものきっかけはパソコンのメアドに出玉モニターの仕事ありますというのがあってそれに興味が合って申し込みをしました。それはパチンコ屋でパチンコを打つお仕事で誰でも出来るという触れ込みと趣味を仕事にできると言うことだったので。

私はパチンコが好きで借金もした経験があるんですがギャンブル依存症という病気でいまでもやめられずにいるのでこの仕事は天職だと本当に思ってました。

申込をすると私の信用性がないとかそういうことを言われ携帯電話を買ってそれを売って資金を作ってくださいと言われました。解約金とか全て出してくれると言うので安心して全部で4台の携帯電話を買いました。それは高値で買ってくれるところも紹介してくれたのでよかったんですけど、その後私の口座を送るように言われ送ってしまったんです。いま思えばなんで口座を送らなきゃいけないのかと思いますがその時は仕事がしたい一心でしたので何も考えませんでした。後で返してくれると言ったので。

その後、数日たっても音沙汰が無いので電話しても担当者がいないとかそういうのになってしまって詐欺じゃないかと不安になり調べたらベルコはパチンコ詐欺だと書いてるページを見つけました。銀行の口座とかを送ってしまっているのでどうしたらよいかわからず調べたらここだったら話聞いてもらえるかと思って連絡しました。

私はどうすればよいですか?

※電話などの回答もあるため当事務所で文章構成しております

【ご回答します】

お電話でかけてこられた女性でしたがアドバイスとしてまずお伝えしたのでは相手に送ってしまった口座が悪用されるのを防ぐためすぐに銀行に出向いて口座の利用停止手続きをして下さいと伝えました。利用停止とは入院も出金も出来ないようにすることです。

こうすることで相手が犯罪グループにトバシ口座として転売しても犯罪利用されないようにすることが大切です。仮に犯罪に利用され被害届がでてしまったら相談者さんは被害者ではなく加害者になってしまいますからね。

そして次に法律事務所にてこの問題の解決点を相談するとをお伝えしました。警察よりも先に法律事務所に相談する理由は、相談者さんのが現在、被害者ではなく加害者と認識される可能性があるからです。警察や銀行のスタンスで考えれば相談者さんのやった行為はまさに犯罪グループへの協力以外に無いからです。

そこで法律事務所で警察や銀行に対する対応等をしっかりと協議した後、自身が取らなければならない行動とお願い出来る法的な手続きをしっかりと洗い出し警察や銀行に対処することで問題を迅速に片づけることができるようになるわけです。

今は無料相談ダイヤルを持っている事務所も多いので費用をかけずに情報を集めることもできますがまずは相談をして現状を把握することが大切です。

【お問合せの多かった法律事務所の無料相談ダイヤル一覧が出来上がりました】

ヤミ金被害や脅迫・恐喝被害を取り扱う法律事務所無料相談ダイヤル一覧


ローンシャーク