カテゴリー: レンタル携帯記事

【ニュース:レンタル携帯】他人名義で携帯貸し出し

特殊犯罪への携帯電話貸与で新しく逮捕者がでました。

レンタル携帯会社従業員の逮捕自体はそれほど珍しくなくなってきました。
今回のケースで気になったのは変えっらが貸金業を装って身分証をだまし取っていたということです。

昨今の携帯電話買取型の闇金サイトでもこの流れが出てきており、以前は身分証のコピーをよこせなどとは言わなかったのに身分証を送るように言われたという相談が増えているのです。
信憑性を高めるために身分証を要求しているのではないかと想像しておりましたが今回のニュースを見てわかりました。
今までは携帯電話買取詐欺は詐欺グループ自体が行っている思われておりました。

しかしこの事件を知った以上、レンタル携帯会社自体が詐欺を行っている可能性も含めた対応が必要であると実感いたしました。

記事抜粋

 県警は27日、インターネットで通話する携帯電話「IPモバイル」をだまし取った身分証明書の名義で不正に貸し出したなどとして、▽東京都江戸川区のIP電話レンタル会社社長、鈴木雅弘(50)▽社員の遠山記理(38)▽同、並木大輔(32)??の3容疑者を、携帯電話不正利用防止法違反容疑で逮捕した。

ニュースソース:毎日新聞

http://mainichi.jp/articles/20160628/ddl/k44/040/333000c

?f:id:loanshark:20160420162115p:plain

【ニュース:レンタル携帯】IP携帯貸与で業者起訴、本人確認せず

携帯電話やスマホの普及に伴いインフラ整備がしっかりしてきたことによりインターネット回線による通話が安定してきました。これにより通常の電話と異なりIPアドレス帯に音声をのせて通話するIP携帯が流行り始めてきております。

こうした最新の技術は大変に便利ですが違法行為を常とするような人物にとってもチャンスになってしまうことが問題です。IPモバイルと呼ばれるネット回線を使った通話システムですが闇金業者や詐欺業者の格好の餌食にされてしまいました。
特に振り込め詐欺などの連絡用端末として使われてしまったため警察としても迅速な展開がありました。

携帯電話の不正防止法の網の目をくぐってしまう可能性があるこのIPモバイルですが警察の素晴らしい会社により逮捕劇にいたりました。

捕まったのは先のニュース記事でも伝えた、森下勝利というレンタル携帯会社を展開していた人物です。この人物自体も相当なワルだと言えますが先日の罪に併せてIPモバイルに関する追起訴でレンタル携帯電話の抜け道などが存在しないと言うことをレンタル携帯電話業者にわからせたのではないでしょうか。

インターネット回線に接続して通話する携帯電話「IPモバイル」について、東京地検立川支部が、携帯電話不正利用防止法が規定する「携帯電話」に当たると判断し、本人確認をせずに客に貸与した男を同法違反の罪で起訴していたことが分かった。 

 記事抜粋

mainichi.jp

 f:id:loanshark:20160420162115p:plain

【ニュース:レンタル携帯】「大型詐欺グループが逮捕された」 被害回復持ちかけ710万円詐取 レンタル携帯悪用か、容疑で男ら逮捕

詐欺被害に遭った人を対象にもう一回詐欺行為を働く悪質な二次被害詐欺に関するニュースです。

探偵や弁護士を名乗りいきなり電話をかけてきては被害金が返金になるなど甘言を弄してさらなる被害へ誘導するのが二次被害詐欺です。

ここでポイントとなるのは彼らが逆引きと呼ばれる固定電話の番号で発信される携帯電話を使っていたことです。

以前、ヤミ金業者や詐欺グループはレンタル携帯屋から貸し出しを受けた携帯電話で営業を行っておりました。しかし、知らない携帯電話からの着信は危険だとの風潮が高まると、携帯電話から固定電話に発信を行い強制的にリダイレクトしてかけるという逆引きなる仕組みを考えました。

これは携帯電話から発信しているにも関わらず03発信や045発信で相手先に着信番号が表示されるため、信用性が挙がってしまうと言う効果をもたらしました。このニュースでは詐欺グループの新手口について言及していることが興味深いと言えます。

詐欺被害者に被害回復を持ちかけて現金710万円を詐取したとして、警視庁捜査2課と香川県警は、詐欺の疑いで東京都新宿区、アルバイト、大森智尋容疑者(34)ら男4人を逮捕した。同課によると、大森容疑者は黙秘し、他の3人は「詐欺に間違いない」「電話をかけた」などと容疑を認めている。 

  記事全文はこちらから

www.sankei.com

【ニュース:レンタル携帯】犯罪グループにSIMカード不正貸与 レンタル携帯代理店業者逮捕 警視庁

レンタル携帯に関する話題が後を絶ちません。Simカードを不正に貸し出しをした容疑による逮捕者が出ました。容疑は携帯電話不正利用防止法違反(本人確認義務)ですがあまり聞きなれないのではないでしょうか。

簡単にいえば使う人物の本人確認を怠って電話を貸しだしたことが罪になりますよ、ということです。携帯電話は銀行口座と同じく本人確認を徹底するよう行政指導が行われている商品で基本、貸与、譲渡などができません。

SIMカードとは携帯電話の名義に相当するもので電話番号や名義に対して発行される認識チップです。これを本人以外の人物が使うことを原則禁止する事で詐欺など犯罪に使われないようにするわけです。

本人確認をせずにヤミ金業社などに携帯電話のSIMカードを貸したとして、警視庁生活経済課は、携帯電話不正利用防止法違反(本人確認義務)容疑で、埼玉県新座市栄のレンタル携帯契約代理店経営、田中俊敬(としゆき)容疑者(33)ら男2人を逮捕した。同課によると、ともに容疑を認めている。

 記事全文はこちらから

www.sankei.com

【ニュース:レンタル携帯】レンタル携帯会社代表を逮捕 特殊詐欺グループに貸与

連絡携帯電話会社代表と勤務している人物が逮捕されました。かれらは詐欺グループに携帯を貸し出ししておりましたが逮捕容疑は昨年の未公開株詐欺であることがかかれております。

レンタル携帯電話会社の運営者は一度詐欺行為で逮捕された人物が同じ罪に問われるリスクを回避するため営むケースがあるという話はよく聞こえていたのですがまさにそのケースであると言えるのではないでしょうか。

詐欺被害の被害回復を持ちかけて現金をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は13日、詐欺容疑で、東京都渋谷区初台、レンタル携帯電話会社代表、森下勝利(まさとし)容疑者(27)を逮捕、新宿区西新宿、無職、大森智尋容疑者(34)を再逮捕した。同課によると、森下容疑者は「私の知らないことです」と否認し、大森容疑者は黙秘している。 

 記事全文はこちらから

www.sankei.com

【ニュース:レンタル携帯】本人確認せずSIMカード貸し出した容疑で逮捕

レンタル携帯業者の逮捕は昨年2015年のトレンドであると言えその流れは今年に入っても止まることを知りません。

外国人観光客など短期間だけ携帯電話を使いたい顧客などに向けたサービスがレンタル携帯の表向きの存在理由です。しかし実際にはヤミ金や詐欺グループなどに名義を飛ばした携帯を貸しだすことで利益を挙げているようです。

今回の件もまさにそうした犯罪ほう助が疑われるレンタル携帯会社です。本人確認の徹底を指導する警察に対してあいまいな確認で携帯電話を貸し出ししていたことが容疑になったようですが今後も犯罪抑止の観点からこうした関連会社の逮捕劇は続くと思われます。

本人確認せずに携帯電話の通話に必要なSIMカードを貸し出したとして、29歳の男が逮捕されました。カードは振り込め詐欺に悪用され、被害は1億円に上るとみられています。

記事全文はこちらから

gunosy.com


ローンシャーク