カテゴリー: 奨学金相談

【ニュース:奨学金】参院選でどの党も発言した教育問題

今回の選挙から選挙権が18歳になったこともあり各党が若い世代に向けてアピールする材料として教育問題掲げていたのは記憶に新しいのではないでしょうか?

実現可能なものから疑問視せざるを得ないようなものまでありましたが現在の日本の奨学金問題などがクローズアップされた瞬間とも言え決してマイナスでは無かったと考えております。

中には保育園から大学まで全額無償などという大仰な主張もありましたが結果的に奨学金が貸与型ではなく給付型に移行するきっかけになればよいと思います。選挙は終わりましたが掲げた政策はこれからがスタートになります。

そこで選挙で議員、議員候補が声を枯らして主張した内容を取り扱ったニュース記事をいくつかご紹介したいと思います。安部首相も声高に未来の成長につながる分野に大胆に投資する!と語られている記事などもありましたので気になる方アh読み進めてみると面白いと思います。

安倍晋三首相は7月11日、参議院選挙の結果を受けて記者会見し、「未来への投資」をキーワードに給付型奨学金の具体的な検討、待機児童ゼロを実現するための保育の受け皿整備について言及した。 

f:id:loanshark:20160603121252p:plain

【相談】奨学金返済ができなので自己破産したい

【相談内容】

奨学金で500万円ほど借りました。大学を卒業してから2年は毎月返済できていたのですが体調を崩し会社を退職したことにより所得が減ってしまい返済の一時停止をお願いしましたができませんでした。このままで未払いで裁判所から差し押さえ通知が来ると言われました。そこで自己破産もふくめた相談をさせてください

※電話などの回答もあるため当事務所で文章構成しております

【ご回答します】

貸与型の奨学金は学生を終了し所得が発生した段階から返済がスタートします。現在では20年など長期での返済も可能になってきましたがそれでも返済が難しくなってしまうケースは増えているのが実情です。ご相談者さんの場合、返済が滞ると裁判所から差し押さえ通知が来るのは時間の問題です。ご本人さんが自己破産も視野に入れているということだったので弁護士事務所に相談されることをお勧めしました。

ただ、お話をうかがった限りですがご相談者さんには連帯保証人として親族が判をついていることが分かり大変に難しい状態であることがわかってきました。この場合、ご本人さんが自己破産をすると債権者は連帯保証人に債務の支払いを求めてしまうからです。この点をしっかりとご家族で相談したうえで弁護士事務所に相談に行かれるようにアドバイスいたしました。

 

f:id:loanshark:20160617161209p:plain

【相談】奨学金以外に何か制度は無いのでしょうか?

【相談内容】

奨学金を検討しているのですが今のニュースをきいていると本当にそれでよいのか不安になります。何かほかにやり方はないんでしょうか?

※電話などの回答もあるため当事務所で文章構成しております

【ご回答します】

現在の日本では貸与型、有利子の奨学金が一般的であると言えます。これは返済する必要がありなおかつ利息を支払って学費の援助を受けるものです。もちろん貸与型以外にも返済が必要無い給付型もありますが実際は狭き門であると言え多くの学生の助けになるには少し力不足であると言えます。

さてお問合せの件ですが実は奨学金以外にも学費を援助すると言う点でサポートを行っているサービスがあります。
それは、日本政策金融公庫が提供している教育ローンと呼ばれるシステムです。 その名の通り、ローンですから借入ですので抵抗感がある方も多いと思われます。
しかし今の日本の奨学金制度が貸与型、有利子が一般的であることを考えれば教育ローンと同じであるとは考えられ無いでしょうか。

さてこの制度どのようなものかといえば、1家庭1学生あたり最大350万円までローンが組めるものなのです。そして 学生1人に対してですから3人兄弟ならばそれぞれの学生に対して利用する事ができるのです。 さらに、奨学金との併用もOKですから学費という大きなくくりで考えることができます。

ではいいことずくめなのかと言えばそういうことでもありません。

学生が申し込み者、契約者になるのが難しいのです。20歳を超えて安定した収入があれば対象者になり得るのですが学生で安定した収入というのは矛盾してきますので実質的にはご家族の方が契約者になります。

全ての手続きや責任が自分と言うことにならない点がデメリットと言えますが金利はかなり抑えられているため奨学金以外での方法論としては成立するのではないかと考えます。

f:id:loanshark:20160617161209p:plain

【相談】奨学金を返済しないと銀行融資が受けれないって本当ですか?

【相談内容】

今年大学を卒業してOLとして働いています。月々の返済は3万円なのですが結構きびしいです。友達から奨学金を返済しないと銀行融資が受けれなくなると言われたのですがホントですか?

※電話などの回答もあるため当事務所で文章構成しております

【ご回答します】

どこの奨学金制度をつかわれたのかわかりませんが日本で一番大手と言われる独立行政法人が運営している貸与型の奨学金制度を活用されていると仮定して回答するのであれば、銀行融資が受けられなくなる可能性はあります。
こうした奨学金制度を提供している団体は自分たちで返済に関する連絡をするだけではなく、債権回収会社などにも委託をしております。そのため長期延滞をすると団体だけではなく債権回収会社からの連絡も入るようになります。
このあたりの流れは消費者金融や信販会社と全く同じです。

そしてここからがポイントになりますが、現在の奨学金制度を提供している団体は信用情報センターに加盟をしているため、奨学金の返済が滞るとその情報は信用情報センターに記録されます。
ここには日本の銀行組織が加盟しているため、返済遅延情報は銀行が知ることになります。

金融業者が何よりも嫌がるのは返済遅延で遅延履歴がある場合ほぼ借入はできません。きちんと完済している場合でも履歴は残りますから銀行によっては貸付を渋ることがあるのです。

さらに現在の消費者金融はほぼ全てが銀行の子会社となっているため返済が滞るとほぼ全ての金融機関で借り入れができなくなります。

色々と問題点などもあるとは思いますが現状では貸与型はその名の通り貸付ですから返済の義務はあります。従って厳しいとは思いますが奨学金は借金であるということを認識して絶対に遅延はしないと心に刻み込む必要があります。

 

f:id:loanshark:20160617161209p:plain


ローンシャーク